FC2ブログ

料理家・堀澤宏之のブログ

日々の仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


2012年7月の営業日

RIMG2124.jpg















7月のランチ営業日のご案内です。
まことに勝手ながら6月28日(木)~7月16日(月)まで、
中之条町四万温泉にて開催される温泉郷クラフトシアターに参加するするため、
ランチはお休みいたします。

よろしくお願いいたします。

1日 休み
2日 休み
3日 休み
4日 休み
5日 休み
6日 休み
7日 休み
8日 休み
9日 休み
10日 休み
11日 休み
12日 休み
13日 休み  
14日 休み
15日 休み
16日 休み
17日 営業
18日 営業
19日 営業
20日 営業
21日 営業
22日 休み
23日 営業 
24日 営業 
25日 営業
26日 営業
27日 営業
28日 営業
29日 休み
30日 営業
31日 営業

●ランチ/11:30~14:00 野菜中心、和テイストのオリジナルランチ 1,000円、1,250円
(メニューはほぼ1週間ごとに変わります。1日限定15食。予約可。予約なしで召し上がっていただけます)
●ディナー/18:00~ おまかせコース料理 4,000円~ (3名様より要予約>。お酒を飲まれない場合4名様より。ご予算に応じ品数と内容が変わります。飲物込の料金もできますのでご予約の際ご相談下さい)
●ディナー/18:00~ すっぽんコース料理 6,000円 (4名様より要予約)

【料理工房 ほのじ】
住所 伊勢崎市大手町6-21(JR伊勢崎駅南口より徒歩3分/美原診療所南隣の古民家)
お問い合わせ ℡0270-75-1288
スポンサーサイト
ランチ

0 TrackBacks
0 Comments

温泉郷クラフトシアター

542438_308064029280952_1785770560_n 小















6月25日(月)

肌寒い一日。
さすがに半袖ではいられませんでした。

今週末から、
中之条町の四万温泉で、
「温泉郷クラフトシアター」というイベントが開催されます。

このイベントは、
温泉街の空き店舗を使ってものづくりの作家たちが制作活動を展開、
それをそのままお客さんに見て楽しんでいただこうという趣旨の催しです。

ここに私も出店します。

なにもものづくりは、
ずっと残っていくものが専売特許なわけでもあるまい。
ものづくりの中に、
食べたらすぐなくなっちゃうという分野だって、
あってもいい、
と思いたい。

というわけで、
料理人の私も出展します。

作家気取りだ。

期間中私は甘酒屋をやることにしました。
ここで言う甘酒は麹で作る甘酒です。
甘酒には2種類あって、
麹で作る甘酒と酒粕で作る甘酒とある。

麹で作る甘酒は面白いです。
発酵しないとできませんから。
やつは生きています。
生きているということは変化するということです。
甘酒一杯の中に菌はごまんといますから、
それはもうどんどんと変わる。
手におえないわけです。

この手におえないものに料理人はどう立ち向かうのか。
これが今回のテーマです。

ね、面白そうでしょ。

もしお時間がございましたら、
遊びにいらしてください。

人間は手におえないものを目の前にしたらどうなるのか、
について、
語り合いましょう。

しらふで大丈夫か?
よかったら同じ店で酒も試飲できるそうなので、
飲みながら。

私はまるたか商店というところにおります。


【温泉郷クラフトシアター】
日時:2012年6月30日(土)~7月16日(月) 9:30~16:30
場所:四万温泉温泉街

【甘酒スタンド「清兵衛」】
日時:2012年6月30日(土)~7月16日(月) 9:30~16:30(売り切れ次第閉店)
定休日:期間中の火、水曜日(30日午後、1日終日は本人はおりませんが甘酒の販売は致します)

出張

0 TrackBacks
0 Comments

150人キャンプ

RIMG2157.jpg















6月14日(木)

終日くもり空。
気圧の低さは新陳代謝の悪さとなって現れる。
いよいよ梅雨も本格始動の様子。

先の土曜、日曜日に、
高崎市乗附町のキャンプ場で市内北小学校のキャンプがあった。

私は晩御飯の指導で参加してきました。

父兄の方々、
とくにお父さん大活躍の中、
子供たちと一緒に晩御飯の準備。

こども80名あまりがキャンプ場の狭い炊事場で一斉に調理をスタート。
どうなることかと思いきや、
皆それぞれに持ち場で調理に励んでくれた。

とくに女の子は低学年でもまかせれば仕事をできる子が多い。
高学年にもなれば率先してやる。
男は大方じっとしていられない。
遊びっぱなし。

それでも自分の子供時代を考えればみんな優秀である。
協力し合って、
無事、
いただきますを迎えることができた。

子供たちはちゃんと、
料理をすることができる。
ある面においては大人以上だ。
料理には創作性、
段取りの工夫、
達成感がある。

なにより自分で料理ができるようになると他人が作ってくれたものがいかにありがたいかがわかる。

これからも、
こういう場をどんどん作っていきたい。

RIMG2154.jpg

RIMG2159.jpg

RIMG2153.jpg

RIMG2148.jpg

RIMG2151.jpg

RIMG2166.jpg

RIMG2134.jpg

RIMG2175.jpg

出張

0 TrackBacks
2 Comments

出前きき酒会(人形町)その2 

RIMG2103.jpg















6月8日(金)

蒸し暑い。
30度に迫る夏日だと言う。
明日から梅雨入りだと聞いた。

先月の19日に東京できき酒会を開催してきました。
きき酒、
というより、
料理と酒のマリアージュの会です。

ちょうど汗ばむ陽気が続いていたころで、
今回はあまり濃醇変態な日本酒は封印。

ただ、
いわゆる癖があるという酒もしっかり選んで、
それが料理と一緒になるとその癖が受け入れるようになる、
という話はしました。

単独で完成しているやつばかり選んでも意味がないですからね。

ちなみに今回のラインナップは以下の通りです。

【三千桜/純米(岐阜・三千桜酒造)】
【梅の宿/山廃純吟雄町(奈良・梅の宿酒造)】
【独楽蔵/特別純米然(福岡・杜の蔵酒造)】
【扶桑鶴/特別純米(島根・桑原酒造)】
【鶴齢/特別純米生原酒(新潟・青木酒造)】
【徳次郎/夏純米(京都・城陽酒造)】
【つぼみ/特別純米全麹(群馬・土田酒造)】

こちらが前回の酒

RIMG2102.jpg















こんな会に興味のある方がいらっしゃいましたらお気軽にお声掛けください。
15~20人集まればできると思います。

出張

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。