FC2ブログ

料理家・堀澤宏之のブログ

日々の仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


ひんやり氷の本

RIMG2216.jpg















6月30日(日)

今年も折り返しとなる6月最終日の朝。
梅雨只中の日曜日の朝はどんよりと静かで、
ちょっと肌寒い。

少し前から見れば随分体は蒸し暑さ慣れてきた。
今年の梅雨明けはいつごろだろうか?

今日は本の紹介です。

「ひんやり氷の本」という本が池田書店から全国発売となりました。
氷をいろんな視点から物語形式で紹介する氷大全のような本。
中で「氷を料理に活かす」というページ、そのレシピを担当しました。

これは松井さんというライターが丁寧に時間をかけて作り上げた渾身の一冊。
監修は北海道大学の教授とありますが他にも多くの方が関わっていて、
天然氷の蔵元から登山家、SF作家まで、
巻末のクレジットを見るだけでも10人います。

ですから余計にいろんな視点があって面白い。

おいしいかき氷の作り方や透明な氷の作り方や、
温度による味覚変化の話やヒマラヤでの水分補給の話、
個人的には、
海氷は塩分を下へ押し出すという話が面白かったなぁ。

フードスタイリストとして活躍している飯島奈美さんのレシピも載ってますよ。
読むだけで涼しくなります。
夏に備えて一冊いかがでしょうか。
スポンサーサイト
レシピ作り

0 TrackBacks
0 Comments

ライブを終えて

mini_130623_1905.jpg




















6月25日(火)

日差しが出てきた。
梅雨にしては雨の少ない日が続いている。

先の日曜日の小林頼司アコースティックライブ、
おかげさまで多くのお客さんにお越しいただき終了しました。

前回同様、
一曲ごとに彼のオリジナル解説が加わるという文字通りの弾き語りライブ。
その解説が曲の世界を掘り下げるから聴いている方も印象に残るんですよね。
曲と思いが重なったのか泣いている方もいらっしゃって。

彼のライブはいつもあらかじめ答えがあってやっている感じがしない。
現場で葛藤しながら作っている感じがとても伝わってくる。

プロがステージの上で葛藤する姿がいいものかどうかよくわかりませんが、
それが独りよがりじゃなくてその場のお客さんありきの葛藤になると会場は暖かさで包まれるんだなぁと思いました。
お客さんの感情の動きを待ってあげるというか、
お客さんの感情の動きを強引に切らないというか。
そういう優しさが彼にはあって。

ある曲の解説で。
「一番大切なことが確かなことだったらいいけど、
なかなかそんな風にはいかないというね。
それでも確かなことを見つけたいということが大事だと思うんですよね。」

若いのにニクイこと言いますわな。

当日の料理の方はと言いますと、
これがまた確かさのないジャンルの料理となったわけですが、
酒に合うというところだけは確かで。

酒と料理と音楽と。
これは今後も続けていきたい。
ディナー

0 TrackBacks
0 Comments

ぐんまCSO発足記念パーティー

935012_473017562784251_2103376266_n[1]















6月19日(水)

どんよりと曇り空。
いよいよ梅雨真っ只中の気配がする。

体調を崩している方も多い様子。
くれぐれもご自愛を。

先週の土曜日にパーティーのケータリングをしてきた。
「ぐんまCSO」というNPO法人の発足記念パーティーで、
実は私もこのNPOの理事をしているという、
要するにこれは身内のパーティーということになる。

NPOにもいろいろあるが、
このNPOは地域づくりというか社会政策というか、
いわゆる市民参加型の地域社会を作りたいという有志の集まり。

「地域社会」というのは「私」の向こう側にあるものだけれど、
説明しようとすると言葉に窮する。

それはたぶんお互いの考えの誤差を調節する難しさというより、
そもそもそこに根づいていない思考回路を作り出す難しさで、
きっと「地域社会」と言って「私」の向こう側を考えようとしたときに「私にはあまり関係のない何か」を想像してしまいがちな思考回路というのが知らないうちにある、
ということなのだと思う。
そんなこと言っている私にもある。
そのくらいにこの日本という国には「地域社会」が根付いていなかったりするわけで。

そしてまたさらにややこしいのは、
「地域社会」は私にも関係があると思っている「私」も実はたくさんいて、
その関係があると思っている「地域社会」が、
「私」を埋没させたいわゆる「世間」的なものではあっても、
主体性のある「私」が集まってできあがる「社会」ではなかったりすることなのだと思う。

これは、
「私」の主体性を基盤としない世の中は責任の擦り付け合いになって結局何にも面白くないものになってしまう、
というそういう話で。

ややこしくなってしまった。
けれどもややこしさを経由しないともはや何もわかれないのかもしれない、
という現実だってある。
たとえば料理人がね、
何かをわかりたくてNPOの理事をやってもいい時代なんだと思いますよ。

そんなことよりパーティー、
たいへんな盛り上がりでした。
出張

0 TrackBacks
0 Comments

6月のランチ営業日

6月のランチ営業日は以下のようになります。
遅くなりまして申し訳ございません。

※15日(土)は出張のため休業となります。

夜の営業はご予約いただいたとき、
曜日に関わらず営業しております。
※詳細は下にございますのでご覧くださいませ。

1日 営業 
2日 休み
3日 営業 
4日 営業 
5日 営業 
6日 営業
7日 営業
8日 営業
9日 休み
10日 営業
11日 営業
12日 営業 
13日 営業  
14日 営業
15日 休み 出張(NPO法人「ぐんまCSO」パーティー料理)
16日 休み 
17日 営業
18日 営業
19日 営業 
20日 営業 
21日 営業
22日 営業
23日 休み 18時より「小林頼司アコースティックライブ」参加者絶賛募集中! 
24日 営業 
25日 営業
26日 営業
27日 営業
28日 営業
29日 営業
30日 休み

●ランチ/11:30~14:00 玄米、和テイストのオリジナルランチ 1,000円、1,250円
(メニューはほぼ1週間ごとに変わります。1日限定15食。予約可。予約なしで召し上がっていただけます)
●ディナー/18:00~ おまかせコース料理 4,000円~ (3名様より要予約>。お酒を飲まれない場合4名様より。ご予算に応じ品数と内容が変わります。飲物込の料金もできますのでご予約の際ご相談下さい)
●ディナー/18:00~ すっぽんコース料理 6,000円 (4名様より要予約)

【料理工房 ほのじ】
住所 伊勢崎市大手町6-21(JR伊勢崎駅南口より徒歩3分/美原診療所南隣の古民家)
お問い合わせ ℡0270-75-1288
ランチ

0 TrackBacks
0 Comments

小林頼司アコースティックライブ

6月3日(月)

爽やかに晴れ。
本格的な梅雨はまだ先か。
それにしても気持ちいい天気ですねぇ。

今日はほのじのイベントの告知です。

今月23日の日曜日に、小林頼司ライブ第2弾を行います。
1月に開催して以来5か月ぶりの開催です。
このライブの特徴はお酒を飲みながら音楽を楽しんでいただくこと。
うまい酒を飲みながら聞く彼の音楽と語りは格別でして。

今回も前回同様お酒をいろいろと用意して、
それに合う料理を私が作って小林頼司が歌を歌って、
という手作り感たっぷりな時間を楽しんでいただきたいと思っています。

席の都合で24名様限定となります。
梅雨真っ只中の日曜日かと思いますがいかがでしょうか?
しっとりと、大人の時間を楽しみましょう。

日時:6月23日(日)18時~(開場17時半~)
料金:3,000円(ワンプレートつまみ、ワンドリンク付き)
お問合せ:ほのじ(0270-75-1288)

≪追加告知≫
第3回ほのじの酒の会~大手ビールの違いを検証する~
日時:7月14日(日)17時~
料金:5,500円(ビール、日本酒7,8種類とお酒ごとに合わせた料理)
定員:16名
ディナー

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。