FC2ブログ

料理家・堀澤宏之のブログ

日々の仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


ジョウモウ大学1周年パーティー

mini_120721_18290001.jpg















7月24日(火)

少し蒸す。
昨日までは初夏のような涼しさだった。
このところ夏らしくない日が続いている。

先週の土曜日に、
前橋の県庁前の群馬会館でジョウモウ大学1周年パーティーがあって、
その料理の一部を任されて行ってきました。

料理はこんな感じ。

・発酵鯛めし
・鯛の塩漬け
・鶏のぬか漬けのから揚げ
・白菜漬けのマスカルポーネ和え
・ザワークラウトのマスタード和え

鯛めしは、
塩漬けにして寝かした鯛のあらを焼いてだしを取って、
そこに白菜漬けの汁を加えて炊いたご飯。
鶏のから揚げは、
ぬか漬けにした鶏肉を揚げて、
モルトビネガーをこれでもかとかけた揚げ物。
など。

ジョウモウ大学の最初の授業でやらせてもらった白菜漬けも、
限りなく酸っぱくして持っていきました。

他に3店舗の料理が出ていたが、
こういうときに明確な私の料理の特徴は、
ハエが寄ってくる、
ということ。

発酵しているものが多いので、
私の料理の周りだけハエが飛んでいる、
ということがよくある。

印象は悪いがそれがいいと思って作っているのだから仕方がない。
いつもハエを追い払うので必死です。

ジョウモウ大学は、
大事なことは楽しむことから生まれるという発想のもと、
スタイリッシュに古今東西を融合させて、
群馬県の至る所で授業を作り出している市民の大学です。

学長の橋爪さんも言うように、
あくまで「世の中を変えようなんていうことは考えていない」というスタンス。

こういうのを、
「了見」というのです。

なんだかんだと言ったって、
そう思い通りにならないのが人生で、
大事なのはどう楽しむか、
どう咲くかだ。
それをいろんな理屈をつけて構築すればするほど嘘っぽくなる。
それをジョウモウ大学の人たちはよくわかっている。

「嘘っぽいのは嫌なんです」
ずばりこれがジョウモウ大学のいいところだ。
出張

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバック URL
http://hhorisawa.blog.fc2.com/tb.php/33-0fc8ef58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。